スキーの魅力あれこれ

冬のスポーツのイメージが強い人からすると、春って雪残ってるの?と思ってしまいますよね。 しかし、高い山では雪は十分残っていることが多く、スキー愛好家がシーズンの最後にもう一回滑ろう!とスキーを楽しみに来ている人が多くいます。 冬スキーにはない、春スキーならではの利点をお伝えします。

春スキーは冬とは違う準備を!

同じスキーだからと言って、準備も同じようにしていては春スキーを100%楽しむことはできません。 冬よりも暑さを感じやすかったり、日焼けしやすかったり。 また、冬よりも水分が多い雪で服がべちゃっと濡れてしまったり。 そういったことへの対策が必要です。

料金的にもお得な春スキー

スキーに個人で行くにしても、ツアーに行くにしても冬よりも春の方がお得な事が多いです。 注目ポイントは料金です。 移動費、ツアー料金、リフト料金など、かかる費用の項目に大きな違いはありません。 特にツアーで行くことになると差がでやすいので、春スキーを迷っている方は比較してみてください。

暖かい春の方がいいこともある!

冬のスポーツといえば、と聞くとスキーやスノボを思い浮かべやすいですね。

スキーが人気がある理由をいくつか挙げてみると、スピード感があります。
車や自転車などの乗り物を使わずに、早く移動できるものというのは限られていますし、力を入れなくてもスピードがでます。
その中でスキーは高所から低い所へ、颯爽と滑ることができます。
自然の中で、風にあたりながら滑る。
最高ですよね!

次にスキーは長時間楽しめるスポーツです。
例えばフットサルも人気のスポーツですが、2時間試合しっぱなしになるとかなりへとへとになります。
一方スキーは、必然的にリフトに乗らないといけないので小休憩時間を定期的にとれます。
人によってはリフトの時間も勿体ない!という人もいますが、あの細かい休憩によって、朝から夕方まで滑ることができます。

これは上級者の意見かもしれませんが、行くたびに雪のコンディションが違い、行くたびに滑り方を変えたりして楽しむことができます。
雪のコンディションは気温以外にも、天気にも左右されますし、たくさんの人が滑るとそれだけ雪の形状が変わります。
なので、朝と夕方でも違う滑り方を楽しむことができます。

これらはほんの一例です。
用具やウェアを楽しむこともできますし、なによりスキー場を変えるだけでも新鮮さは増します。

このようないろんな楽しみ方があるスキーですが、冬と春でも楽しみ方が変わってきます。
冬のスポーツとしてではなく、春にも楽しめるスポーツとして見てみましょう。