スキーの魅力あれこれ

天気も気温もいい状態

雪がたくさんある冬はスキーに最適と思われがちです。
もちろん冬の方が雪の量は安定しますし、スキー場もたくさんの中から選びやすいです。
好みもあるかもしれませんが、冬のほうが雪質が固いので、慣れている人には滑りやすいかもしれません。

春は暖かくなっていく季節ですので、冬よりも比較的少なくはなりますが、冬よりも柔らかく、こけても痛くなりにくいです。
なので、練習にはもってこいと言えます。
気温も暖かいので、体が冷えにくく、長時間外にいても疲れにくいです。

その代わり、雪がどれぐらい残っているのかをしっかりとチェックしておくべきです。
その年の気温によっては例年よりも雪の解けるスピードが変わります。
事前にホームページなどでチェックしておきましょう!

スキー場までの道が楽!

冬ですとスキー場までの道が雪道で大変ということもよくあります。
ツアーなどで参加する場合は運転は業者にお任せできますが、個人で行く場合、運転手が必ず必要になります。
チェーンをまいたり、スタットレスは必須ですよね。
運転を普段する人でも、雪道に慣れていない人も多いのではないでしょうか?
また普段通らない道というだけでも神経をつかうので、雪道ということも加わると運転する方も大変です。
このことを考えると、春は道の雪が解けやすい状態ですので、雪に慣れていない人でも安心です。

また、初心者にはお勧めできませんが、ヘリスキーも春の方が楽しみ安いです。
というのも、冬は天候がよくないことも多いので減りが飛びにくいです。
春でしたら、所定の所までヘリで登り、滑走することもしやすくなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ